中国からの家きん肉等の輸入一時停止!!

農林水産省生産局畜産部衛生課は6月7日、6月8日以降に船積みされる中国産家きん肉等の輸入を一時停止すると発表した。これは香港、マカオで相次いでトリインフルエンザウイルス(血清型:H5N1)が分離されたことに加え、韓国政府が中国からの家きん肉(家鴨肉)からトリインフルエンザウイルス(血清型:H5N1)を分離し、中国産鶏肉と鴨肉などの輸入を全面禁止したことから、家きんペストが中国本土に発生し、日本向けの中国産家きん肉等がトリインフルエンザウイルスに汚染されている可能性を否定できないため、輸入停止措置に踏み切ったもの。家きん肉等には鶏肉はもちろんのこと、鶏卵(生鮮殻付卵、液卵・加工卵)も含まれ、輸入停止措置は、中国の清浄性を確認するまで続けられる。なお、香港からの輸入は5月18日、マカオからの輸入は5月24日から停止している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。