N.G.C.の最新鋭設備の庄原農場が完成

『基本に忠実な飼育管理』『各種データの情報公開』『お客様に安心して購入していただける若めす』をモットーに、優良な若めすを安定的に供給している(株)N.G.C.(鈴木康晄社長―本社・兵庫県赤穂郡上郡町旭日乙441―1、電0791・52・0383)は、昭和62年7月に設立以来、本社農場を中心に順次販売羽数を伸ばしてきた。今年3月には広島県庄原市に年間72万羽供給規模の庄原農場が新たに完成し、3月13日には取引先や地元関係者など多数を招いて落成式を行なったが、西日本有数の年間216万羽の若めす供給体制を確立するまでになったN.G.C.の最新設備の庄原農場を視察した。