日本ハムが「プレミアムギフト賞」を受賞 日本ギフト大賞

選りすぐりの〝ニッポンのギフト〟を選出する「日本ギフト大賞」の表彰式が4月13日、東京都千代田区の海運ホールで開かれ、日本ハム㈱(本社・大阪市)の『ハム・ソーセージギフト』がプレミアムギフト賞を受賞した。
日本ギフト大賞は〝日本のギフトの経済的・文化的発展に貢献すること〟を目的に2015年に創設され、今年で3回目。47の都道府県賞の中から選ばれる、ふるさとギフト最高賞は『宮崎キャビア1983premium』が受賞した。
プレミアムギフト賞を受賞した日本ハムの『ハム・ソーセージギフト』は、長年にわたりハム・ソーセージギフト市場の活性化に貢献したことや、2006年から国内自社農場の原料に限定し、国内自社一貫生産と熟成製法にこだわった「美ノ国」を展開してハム・ソーセージギフト市場に「国産プレミアム」という新しい価値を提供したことなどが評価された。
表彰式では、末澤壽一社長が石塚邦雄選考委員(㈱三越伊勢丹ホールディングス会長)から賞状を受け取った。
このほか伝統文化ギフト賞、子育て応援ギフト賞、話題賞、感動ギフト賞など、合計賞を表彰した。受賞者の詳細は日本ギフト大賞ホームページ(http://www.japan-gift-awards.jp/)へ。

【プレミアムギフト賞の賞状を受け取る日本ハムの末澤壽一社長(中)】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。