国産チキン消費拡大キャンペーン  食鳥協が12月1日~1月28日に開催

(一社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は、クイズに答えた人の中から抽選で調理家電をプレゼントする「国産チキンで日本を元気に!」キャンペーンを、12月1日から来年2月28日までの3か月間、同協会ホームページ(https://www.j-chicken.jp/campaign/quiz/)で実施している。

今回のキャンペーンはコロナ禍による巣ごもり需要で大きく伸びた家庭での国産チキンの消費をさらに維持・拡大させるために実施するもの。従来型のポスターやチラシでの告知に加え、会員企業のホームページにバナーを設置し、同協会の応募サイトに誘導する仕組みとなっている。

特賞(3人)はスチームオーブンレンジ、A賞(10人)はミニコンベクションオーブン、B賞(15人)は低温調理器、C賞(500人)は2代目マスコットキャラクター『げんきくん』のぬいぐるみ(大きさ20cm)、D賞(1000人)はマグネットクリップ(げんきくん・シンボルマークの2個セット)。さらに特賞、A賞、B賞の当選者には副賞として地鶏または銘柄鶏1羽分の鶏肉が付く。

問い合わせは同協会(電03-5833-1029、Eメール=jca.campaign●j-chicken.jp※)へ。

※●は半角のアットマークに置き換えてください