鶏肉加工品製造でプライフーズと委託業務提携 深川養鶏農協

深川養鶏農業協同組合(末永明典組合長―山口県長門市東深川1859-1)は、鶏肉加工品の製造委託業務で、このほどプライフーズ㈱と提携した。
深川養鶏農協では、種鶏の育成から製造、流通までの一貫管理体制のもとで地鶏の長州黒かしわ、長州地どり、銘柄鶏の長州どり、島根県産ふかわのハーブ鶏を生産している。鶏肉加工品も自社で製造・販売していたが、既存の物流網が西日本地区に限られていたため、東日本地区などに物流網を持つプライフーズと鶏肉加工品製造委託業務を提携したもの。
今回の提携について末永明典組合長は「製品のパック業務でプライフーズグループの鳥巧商事と提携した経緯もあったため、『今回はプライフーズと鶏肉加工品の製造委託業務で提携する』に至った。当組合の規模では、これまで行なってきた事業のすべてを続けていくにいは限界があるため、鶏肉の生産に特化して『つくったものを確実に売る』ための方策をこれからも考えていきたい」と話している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。