成鶏用は0.1%減、ブロイラー用は前年並み 平成27年の配合飼料生産量 

農林水産省がまとめた平成27年(1~12月)の養鶏用飼料の生産量は前年並みの1005万9759トンとなった。
このうち育すう用の生産量は0.7%増の69万5987トン、出荷量は0.9%増の69万9087トン。
成鶏用の生産量は0.1%減の554万1942トン、出荷量は0.2%減の557万2683トン。
ブロイラー用の生産量は前年並みの382万1830トン、出荷量は0.8%増の384万3052トンとなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。