ノバルティスの動物薬事業を買収 イーライリリー

米国の製薬大手イーライリリー(本社・インディアナ州)は1月2日、スイスの製薬大手ノバルティスの動物薬事業(ノバルティスアニマルヘルス)の買収について最終合意したと発表した。
イーライリリーは昨年4月に、ノバルティスの動物薬事業を約54億ドルで買収すると発表していた。今回の買収で、イーライリリーの動物薬部門であるエランコアニマルヘルスは、治療薬やワクチン、寄生虫駆除剤、抗菌剤、外科領域製品、エンザイム、食の安全などを網羅する300近いブランドの包括的ポートフォリオを獲得する。
今後は開発への投資を大幅に増やすとともに、統合後の組織の機能を拡大し、①ペットと家畜の疾患と寄生虫からの保護②動物の健康改善と家畜生産の環境負荷の低減③エンザイム、診断、水産養殖、ワクチンの領域でより幅広い一連のソリューションの提供――に重点を置いた100以上の製品開発プロジェクトを推進する。
イーライリリーは「完全な業務統合には時間を要するが、しばらくの間は製品の注文やカスタマーサポートを含め、これまでとほぼ同様に業務を行なう予定である。製品の供給と入手はこれまで通り滞りなく継続する」とコメントしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。