国産チキンまつり 全国26都道府県で

(一社)日本食鳥協会は、今年で11回目となる「国産チキンまつり」を実施する。国産鶏肉の消費拡大を図るもので、2009年には10月29日を『国産とり肉の日』に制定した。
今年は10月23日(木曜日)から25日(土曜日)までの3日間を全国統一イベント期間とする。単独でイベント実施のほか、各地域の秋の感謝祭やフェアに参加して国産鶏肉の消費拡大に努める。さらに期間中には、全国食鳥肉販売業生活衛生同業組合連合会(全鳥連)が10月23日から25日まで実施する「揚げておいしい若どりまつり」と連携し、食鳥専門小売店で協賛セールを行なう。
また、ポスターや新聞記事などで「国産チキンまつり」を告知するとともに、消費者を対象とした国産地鶏クイズを実施して、当選者100人に国産地鶏肉を、さらに抽選に外れた人の中から200人に2015年オリジナルカレンダーをプレゼントする。

関東支部は10月11日築地場外祭りに参加

日本食鳥協会の関東支部は、昨年度と同様、10月11日(土)に東京都中央区の築地場外市場市場橋駐車場特設会場で開く「2014築地秋祭り」に参加して国産鶏肉の消費拡大を図る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。