マレルジャパンに社名を変更 大興工業

食鳥処理機『ストーク・ポートリー・プロセッシング』ブランドを取り扱う大興工業(株)(ベイカー・カスパ社長―本社・兵庫県明石市大久保町森田162、電078・934・1610、F078・934・0204)は、11月1日付で社名を『マレルジャパン株式会社』に変更する。
大興工業は、2008年にオランダのマレル・ストーク・ポートリー・プロセッシング(マレル社)の子会社となって以降、組織体制の再編成や必要な投資を進めるなど、顧客サービスの向上に努めてきた結果、『ストーク』ブランド機器の直接輸入や、アフターケアを含めた顧客サービスのさらなる向上につながる「フルサポート体制」が確立したことから、マレル社と『ストーク』ブランドの日本市場での存在感や知名度を、より高めるために社名を変更するもの。住所、電話番号は従来通り。