カビ毒吸着材「ミズカバインダー」 ワイピーテックが発売

畜産・酪農用の飼料や飼料添加物などを販売する(株)ワイピーテック(関谷日出夫社長―本社・東京都千代田区有楽町1―10―1)は、このほど油脂精製剤の分野で世界屈指のシェアを占める水澤化学工業(株)と共同開発した国産のカビ毒吸着材「ミズカバインダー」【写真】を新発売した。
ミズカバインダーの原材料には良質のモンモリロナイトを使用しており、(1)カビ毒を吸着するスピードが非常に速い(2)多層構造と表面の大きさによって高い陽イオン交換能を示し、資料中のミクロの隙間のカビ毒まで速やかに吸着する(3)分散性が高いため、飼料中でより広範囲に分散できる――などの特長がある。
ミズカバインダーは天然のミネラルを豊富に含んでおり、嗜好性も抜群。ミズカバインダーを使用した牛糞、鶏糞、豚糞は良質な堆肥として有効活用できるとのこと。
問い合わせはワイピーテック(電03・3214・7339、F03・3214・6731)へ。