フランスからの輸入停止を解除

農林水産省はは6月18日、フランスからの家きんや家きん肉などの輸入停止を解除した。今年2月に同国で鳥インフルエンザ(H5N1)が発生したが、3月18日に防疫措置が完了してから新たな発生がなく、清浄性が確認されたため、ワクチンを接種したランド県を除いて解除したもの。
これによって、肉用鶏赤鶏やレイヤーの種鶏、家きんの肝臓などの輸入が再開される。