鳥インフルエンザウイルスや病原微生物などの侵入防止策としての消毒

養鶏関係者は、弱毒性とはいえ、茨城県で高病原性鳥インフルエンザ(H5N2)が再発したことに大きな衝撃を受けている。当面、各養鶏場では、農場にウイルスを絶対に入れないことに万全を期す必要がある。ヤシマ産業(株)環境衛生部の宮崎宏幸部長に「鳥インフルエンザウイルスや病原微生物などの侵入防止対策としての消毒」をレポートしてもらった。