鶏供養祭と消費拡大の集い 養鶏関係3団体

「鶏供養祭」と「鶏肉・鶏卵の消費拡大の集い」(主催・(社)日本養鶏協会、(社)日本食鳥協会、(社)日本卵業協会)が4月28日、東京・港区のホテルで開かれた。消費拡大の集いでは、発生県から生々しい風放被害などの実態が報告されたほか、被害補償や家畜疾病経営維持資金に対する不満も聞かれた。

「鶏供養祭」と「鶏肉・鶏卵の消費拡大の集い」は、わが国で79年ぶりに発生した高病原性鳥インフルエンザで、まん延防止のために殺処分された多くの鶏を供養し、同病の再発防止と、風評被害などで低迷している鶏肉・鶏卵の消費回復・拡大を願って開いたもの。
鶏卵・鶏肉関係者ら約200人が出席したほか、第1部の「鶏供養祭」には、亀井善之農林水産大臣をはじめ石原葵事務次官、白須敏朗生産局長、中川坦消費・安全局長ら農水省幹部も出席。祭壇にはパック入りの卵約1,200個が積み上げられ、出席者全員で黙とうをささげた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。