農水省の15年度予算 畜産物の安全性対策を柱に

農林水産省は去る12月24日、省議で平成15年度の予算案を決めた。生産局畜産部関係の重点事項は、農畜産物供給体制の安全性確立を柱としたもので、本紙関係は、新規の「国産食肉鶏卵流通構造改革推進事業」が4,400万円、卵価基金への補助である継続事業の「鶏卵価格安定事業」が14年度から5,000万円減の14億300万円となっている。