新丸ビルに「西洋御膳・フレミナール小岩井」がオープン

小岩井グループの小岩井ファームサービス(株)(岩手県盛岡市)は、このほど東京・丸の内のシンボルとして知られ、建て替え工事が完了した新しい「丸の内ビルディング」(丸ビル)の五階にレストラン・パティスリー『西洋御膳・フレミナール小岩井』を出店、9月6日にオープンした。
同店では、小岩井農場産の牛肉やたまご、チーズなどをはじめ、旬の素材の味わいを生かし、洋食を和の感覚で食べてもらえるような料理を提供する。ランチタイムでは農場たまごのオムライスや伝統のビーフシチュー、スゥイートタイムではデザートセットやケーキセット、ディナータイムではワインを片手にパスタからコース料理まで、真心のこもった数々の料理が楽しめるほか、12人までのパーティールームを用意している。
店名の『フレミナール』は「新しい空気」「新鮮な風」「自由な環境」をイメージしており、「小岩井農場の緑、森の中を流れる清流、草原を抜けるそよ風、ゆったりと過ぎ行く時を、大都会で感じていただきたい」としている。
営業時間はランチタイムが午前11時から午後2時、スゥイートタイムが午後2時から午後5時、ディナータイムが午後5時から午後11時(ラストオーダーは午後10時、日祭日は午後9時)で、年中無休(年末年始を除く)。
電話番号は03・5224・3070。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。