チャンキー協会が第75回技術ゼミ開く

日本チャンキー協会(山上恭宏会長)は9月19、20の両日、札幌市のホテルポールスター札幌で第75回技術ゼミナールを開いた。今回は、チャンキー鶏の育種改良元であるエビアジェン社のジョン・パウリー、デイビッド・バトラーの両氏が、同社の育種改良や、飼養管理のポイントなどについて講演するとともに、国内での種鶏とブロイラーの実情報告も行なわれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。