レイヤーズクラブが30周年

“採卵養鶏業界の未来を担う”若手でつくるレイヤーズクラブ(会長=高山福富(有)丸滝農産社長)は11月12日、神戸市の神戸メリケンパークオリエンタルホテルで創立30周年を祝う記念パーティーを催し、会員の若手養鶏家や、同会OBのマスター会員らが一堂に会して盛大に祝った。
高山会長は「昭和59年の創立以来、レイヤーズクラブの会員は大いなる時代の変化のなかで、レイヤー産業の発展と、一層の地位向上、また経営者としての研さんにまい進してきた。ここに30周年を迎えることができたのも、マスター会員の皆様のご指導、ご鞭撻の賜物と、深く感謝申し上げる次第である。
現在も、30名の現役会員が在籍して共に切磋琢磨しているが、仲間意識も高く、2か月に1度の例会の出席率も非常に高い。私自身、会員であることを心から誇れる、非常に素晴らしい会だと思っているため、今後40年、50年と続いていくことを心から祈念している」とあいさつ。
(株)高田ロード園の高田勉相談役の発声で乾杯し、終始なごやかに懇談。出席者全員で記念撮影し、一層の飛躍に向けて想いを一つにしていた。
【レイヤーズクラブ30周年の記念パーティーに参加した会員とマスター会員の皆さん】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。