チャンキーブロイラーの好成績の秘密 カワフジの川口貴也社長に聞く

飼料特約店からスタートし、現在では香川県を中心に約100か所のブロイラー農場を展開して年間1300万羽の生鳥を近隣の処理場に出荷しているほか、140万羽のレイヤー飼育、常時2000頭の交雑牛(F1)肥育を行なう総合畜産生産会社となっている(有)カワフジ(川口貴也社長―本社・香川県三豊市三野町下高瀬1135)は、これまでも優れたブロイラー成績を上げていることで知られる。特に最近、『高増体ブロイラー』チャンキー種で、PS(プロダクションスコア)400点以上の成績が続いていると聞き、成績好調の秘訣について川口社長にインタビューした。