11月5日に今年も『いいたまごの日』 各地でもイベント

(社)日本養鶏協会(竹下正幸会長)が2010年に制定した『いいたまごの日』(11月5日)のイベントが、今年も各地で展開される。中央団体のイベントは、日本養鶏協会と(社)日本卵業協会(羽井紀行会長)の共催で開かれる。

東京都中央区の「東京ガススタジオ・プラス・ジー・ギンザ」では午前11時から『いいたまごの日』エッセイコンテストの表彰式や、『たまごの食べくらべセミナー』などを主に報道機関向けに実施する。
「たまごの力」をテーマに作品を募集したエッセイコンテストでは、応募作品数が過去最高の790件に達したとのこと。この中から大賞1名と優秀賞2名、特別賞1名を表彰する。
食べくらべセミナーでは、日本養鶏協会の石澤直士理事と山上善久技術主幹が、『たまごの味はどう決まるか』について解説。東京ガス(株)の杉山智美さんが、『たまごの火入れのコツ』をテーマに講演するほか、日本卵業協会の「ヤングミーティング」(松本邦義代表幹事)で制作した『タマリエ検定(タマゴのソムリエ検定)』も紹介し、卵の正しい知識と消費拡大をPRする。

東京、茨城、埼玉、岡山、鳥取でも実施

東京、茨城、埼玉、岡山、鳥取の各都県などでも、鶏卵関係団体がイベントを催し、『いいたまごの日』を盛り上げる。
▽(社)東京都卵業協会は11月4日午前10時から、東京都墨田区の東京スカイツリータウン・ソラマチ1階ハナミ坂広場で、100円以上の募金で卵1パックをプレゼントするチャリティーや、「タマリエ検定」などのイベントを行なう。
▽JA全農たまご(株)は、11月3、4の両日、東京都渋谷区のNHK放送センター前で開かれる「全農農畜産物チャリティーフェア」の中で、「いいたまごの日」やタマリエ検定をPRする。
▽埼玉県養鶏協会は11月3、4の両日、深谷市の埼玉県農林公園で開かれる「2012彩の国食と農林業ドリームフェスタ」で、県産卵の魅力紹介やタマリエ検定を実施する。
▽茨城県養鶏協会は11月4日、小美玉市の茨城空港ターミナルビル1階ステンドグラス前で、県産卵の魅力やタマリエ検定を紹介する。
▽岡山県養鶏協会は11月10日に、岡山市の池田動物園で開く恒例の「こっこちゃんフェア」の中で、クイズラリーなどのイベントを実施し、タマリエ検定も紹介する。
▽(有)ユミハマファームは11月4日に、鳥取県境港市の同ファームたまご自販機前スペースで、タマリエ検定の紹介や、じゃんけんで勝つと卵を割引するアトラクションなどを実施する。