どうする鳥インフルエンザ対策

宮崎県と岡山県の広域にわたって発生したH5N1型鳥インフルエンザ(AI)は、仮にウイルスが韓国や中国からの渡り鳥に由来するものであるとすれば、日本の広範囲にウイルスが存在していると考えられる。それだけに、いつ、どこで再発してもおかしくなく、今後も警戒を続けなければならない。養鶏関係者としては緊急を要するだけに、どう対応したらよいのか、行政などに何を求めるべきなのかなどを、養鶏の現場や専門家の意見を参考にまとめた。(詳しくは本紙をお読みください)