平成12年の鶏卵生産量は0.5%減

農林水産省統計情報部が2月19日にまとめた平成12年10~12月の鶏卵流通統計によると、鶏卵生産量、鶏卵出荷量とも前年同月並みで、この結果、12年1~12月の鶏卵生産量(速報)は前年に比べ0.5%減の252万2,446トン、鶏卵出荷量も同0.5%減の244万6,321トンといずれも減少した。ひなえ付けの増加からみて、12年後半から生産量が増えてくるとみられていたが、下半期の生産量も下回ったことは、何らかの生産性低下ともいえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。